毒草一覧次の花
ワラビ


きれいな灰でしっかりあく抜きしてお召し上がりください。


毒草名  ワラビ(蕨)、早蕨(さわらび)、Bracken
学 名  Pteridium aqumnum KUHN var. latiusculum UNDERW.
特 性  ワラビ科 ワラビ属、山菜としても有名なシダ植物。
花 期  6月
毒部位  全草
成 分  チアミナーゼ(アノイリナーゼ:Aneurinase)、プタキロサイド(Ptaquiloside:発癌性物質)、サイカシン(Cycasin)、
症 状  脚気、出血


石ばしる 垂水の上の さ蕨の 萌え出づる春に なりにけるかも
志貴皇子(万葉集8-1418)





-------- 冬の花わらび --------



魅力的な名前ですね。ハナヤスリ科ハナワラビ属の植物でワラビとは別物です。ワラビに似ているところからこの名が付きましたが、こういうケースって多いですね。この植物も乱採取により減少しているそうです。


≪MEMO≫
・ワラビ中毒
・根茎から採ったデンプンが「ワラビ粉」
・ビタミンB1を破壊する酵素「アノイリナーゼ」が含まれている。
・ネコにあげてはいけない。
・春の季語。
・蕨紋
 
・「岩そそぐ たるみのうへの 早蕨の もえ出づる春に 成りにけるかな」 志貴皇子(新古今和歌集)


毒草一覧 次の花


TOPinformationBBS